臨海ロータリークラブ 役員委員長挨拶

会長挨拶佐藤 大輔

佐藤 大輔

今年度第28期は「ロータリアンとしての成熟」というテーマで取り組んでまいります。皆様ご承知の通り前年度は、衛星クラブの立ち上げも含め飛躍的に会員が増えました。大変喜ばしいと同時に、これだけの沢山の人たちにロータリー活動を楽しんでもらう、その舵取りを任された今年度は大変なプレッシャーでございます。
ロータリーを知ること無くしてロータリーを楽しむことはできません。皆様それぞれの立場でロータリーに深く関わり、楽しんでください。自事業活性化委員会、カウンセラー会議、例会前後の交流タイム等、これまで以上にコミュニケーションを重要視した1年にしたいと思います。
コロナも間もなく終息します。次年度29期は30周年に向けた準備の大切な年度となります。三密から親密へ。皆様一人ひとりの充実とクラブの活性化、私の自事業は後回しにし、クラブの為に精一杯頑張りますのでどうぞご協力の程よろしくお願いいたします。

副会長挨拶杉浦 孝浩

杉浦 孝浩

今年度副会長を仰せつかりました杉浦孝浩です。1年間宜しくお願い致します。
会長のターゲット「ロータリアンとしての成熟」を遂行できるように会長幹事の補佐をしながら次年度会長をしっかり務められるよう沢山の学びを得たいと思っています。
私のモットーは「楽しむ」ことです。クラブの仲間が楽しめるよう、また自分自身が楽しめるような元気なクラブ運営に注力していきたいと考えております。
皆様を大いに巻き込みながらクラブ運営していきますので、どうか宜しくお願い致します。

幹事挨拶勝間田 健一

勝間田 健一

皆様、こんにちは、今年度幹事を拝命いたしました勝間田でございます。
佐藤大輔会長年度、1年間、宜しくお願い致します。
私は本クラブに入会して早5年目となりました。振り返りますと、1年目、右も左も何も分からない中、プロジェクター担当を務めさせていただきました。2年目、引き続き、プロジェクター担当させていただき、3年目、例会の出席が必須な週報担当させていただきました。4年目、SAA委員長に就任し、奮闘している中、衛星クラブ立ち上げに伴い、ご拝命頂いた東京臨海北斗ロータリー衛星クラブの初代幹事を経験させて頂きました。あっと言う間に過ぎた4年間でした。
クラブへの気持ちが強くなり始めましたのは、大役もしくは、社業を優先したいと思う中、例会への出席が必須な役割を持たせて頂いたときからだと、今では思えます。何故なら、優先順位の付け方や、時間の使い方も自然と上手になり、自事業も活性化できたからです。

大変だと思う役割を与えられた時こそ、自分が成長できるチャンスだと、勝手ながら思っていますので、
皆様も大変だと思う事があると思いますが、人の役に立つことが自分の為にもなるのだと、更に確信して頂き、各々の役割を果たしていだけますと幸いです。
皆様と共に成長し、成熟していきたいと考えていますので、諸先輩方を筆頭に皆様のご意見・アドバイス・ご協力をいただけますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます。
改めまして、佐藤大輔会長年度、1年間、ターゲットを達成できるよう、ご協力の程、宜しくお願い致します。お時間頂き、誠に有難う御座いました。

クラブ奉仕委員長挨拶杉浦 孝浩

杉浦 孝浩

今年度クラブ奉仕委員長を仰せつかりました杉浦孝浩です。クラブ奉仕に励まさせて頂きます。歴代のクラブ奉仕委員長が様々な施策を行ってきた事を参考に、クラブの現状をしっかりと見極めてより良い運営が出来るようアップデート出来る提案をしていきたいと考えております。副会長という任務と共に元気なクラブ運営に注力して参ります。宜しくお願い致します。

職業奉仕委員長挨拶白井 正三郎

白井 正三郎

佐藤会長年度において、職業奉仕委員長を拝命致しました白井です。ロータリーの目的にもある、「職業上の高い倫理基準を保ち、社会に奉仕する機会を持つ」ことの重要性を全員で認識でき、業種、業態、規模の大きさを超えた会員相互のそれぞれの職業への理解、関心が深まりながら、職業を活かした参加型の奉仕活動がさらに活発になればと思います。
そのために、「互いの情報交換になる会員職場への視察、訪問」、「職業奉仕をテーマにした経営勉強会や家庭集会」、「各職業への関心を引き出せる職業奉仕フォーラム」などに取り組んでいきたいと思います。
わたしも学んで参ります。どうか皆様のご指導・ご協力をよろしくお願いいたします。

社会奉仕委員長挨拶大西 洋平

大西 洋平

皆様こんにちは。当クラブでは、既に、毎年、「江戸川区学童オレンジボール大会」の開催や「らいおんはーと子ども食堂」「パラスポーツ」への関わりなど地域における社会奉仕活動を実践し、コロナ渦で開催は未定ですが、新たな企画も立案してます。本年度、佐藤大輔会長のターゲットを会員一同ワンチームとなって推進し、地域密着型の社会奉仕活動を更に実行・実現できれば幸いだと思っております。つきましては、会員の皆様には、引き続きお力添えをいただきますよう、実践に向けてのご協力を宜しくお願い申し上げます。

国際奉仕委員長挨拶柴田 剛

柴田 剛

佐藤大輔会長年度において国際奉仕委員長を拝命致しました柴田剛です。『国際理解、親善、平和の推進』に取り組みとして、当クラブにおける本年度の主たる国際奉仕活動は、バギオ訪問(フィリピン)と、国際大会参加(アメリカ・ヒューストン)であります。また、国際奉仕委員会4項目の『姉妹クラブ』、『バギオ基金』『ロータリー財団』、『米山奨学』においても理解を深め、助け合い更に活動を強化して参ります。自分、自らが先頭に立ちバギオ訪問、国際大会への参加、4項目へ寄与し、1人でも多くの方が御参加・活動されるよう斡旋を行います。大役を務め上げる事ができるか不安では有りますが、先輩方・皆様の御助言を頂きながら遂行できたらと思いますので何卒宜しくお願い致します。

青少年奉仕委員長挨拶本多 信雄

本多 信雄

青少年奉仕委員長という大役を頂きました、本多でございます。
我がクラブの活動の柱は
1, 臨海ロータリークラブ旗争奪オレンジボール
2, らいおんはーと子供食堂
この2本の柱とわんぱく相撲にも協賛など、我がクラブのオリジナルを新入会員に理解して頂きながら今年度は進めていきたいと思います。
その他、ライラやバギオの留学生などと交流をしてロータリー活動を活発にしていきたいと思います。