臨海ロータリークラブ 役員委員長挨拶

会長挨拶佐久間 裕章

佐久間 裕章

この度、東京臨海ロータリークラブ27代会長の職を仰せつかりました佐久間裕章と申します。至らない点があるとは思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
さて本年度、東京臨海ロータリークラブのテーマは「会員増強なくしてクラブ繁栄なし」と掲げさせていただきました。私が入会した7年前は会員数が34名と当時は少ないとは思ってはいませんでした。しかし入会5~6年目から運営側に携わった際、会員数の重要さを初めて知りました。どんなに素晴らしい社会奉仕活動をしても、どんなに良いクラブでも会員がいなければクラブが成り立たない、運営できない。そのような状況にならない為にも一年間、会員増強に重点を置き一年間運営させていただきたいと思います。
一年後には当クラブ20年振りの50人クラブを達成いたしますので、一年間皆様どうぞよろしくお願い致します。

副会長挨拶佐藤 大輔

佐藤 大輔

私の任務はただ一つ!佐久間会長と坂本幹事をしっかりとお支えすることのみです。
今期の会長・幹事は紆余曲折のもと準備期間の少ない中、さらにはコロナの影響での混乱の中の大変な船出となってしまいました。もちろん能力のある2人ですので、しっかりとまとめてくれると思いますが、私が間に入り、スムーズなクラブ運営ができるよう、気配り・目配り・心配りを怠ることなく1年間頑張ります。
皆様温かいご協力の程よろしくお願い致します。

幹事挨拶坂本 康朋

坂本 康朋

今年度幹事を拝命致しました坂本康朋です。
ロータリークラブに入会し6年目になりますが、幹事という大役を頂いた事を大変嬉しく思いますと共に、皆様に感謝致します。
佐久間会長のもと本年度がスタート致しますが、佐久間会長らしい1年間に出来るように幹事として最大限支えて行きたいと思いますので、皆様ご協力の程宜しくお願い致します。
会長・幹事が30代という年齢でクラブ運営を行う事で諸先輩方にご迷惑をお掛けする事もあると思いますが、1つ1つのご指摘が今後のクラブ運営を行う上で成長・発展に繋がって行くと考えておりますので、忌憚のない意見を頂ければ幸いです。
最後になりますが、今年度も楽しめるロータリーにしていきたいと考えておりますので皆様のご協力を宜しくお願い致します。

クラブ奉仕委員長挨拶鈴木 孝行

鈴木 孝行

我がクラブは創立25周年の感動の本多年度を終え、佐藤正樹会長年度へとなりました。今までのクラブ奉仕委員会の項目内容は、創立以来の内容を踏襲したものでありました。しかしながら、時代の流れや会員層の変化に対応すべく項目の変更を必要と考えて企画しております。私も何回目かのクラブ奉仕委員長を拝命いたしましたが、ここで佐藤会長と皆様と共々にクラブ愛を彷彿させる委員会構成にしたいと思って活動させて頂きます。

職業奉仕委員長挨拶佐藤大輔

佐藤大輔

5大奉仕委員長初体験で、身の引き締まる思いでございます。このクラブも25年が過ぎ、今年度は会長方針のもと、活動内容や運営の仕方、組織の形等ただこれまでの繰り返しではなく、変化が必要なところは思い切った変革をしていく年になるのかと思っております。職業奉仕という角度からは勿論のこと、他の委員長や三役の皆様と手を取り合って、それらのことに取り組んでいきたいと思います。1年間どうぞよろしくお願い致します。

社会奉仕委員長挨拶大澤 成美

大澤 成美

当クラブでは、既に、毎年、「江戸川区学童オレンジボール大会」の開催や「らいおんはーと子ども食堂」への関わりなど地域における社会奉仕活動を実践しておりますが、本年度は、佐藤正樹会長のターゲットである「友情を育み、地域社会に貢献する」に則して、地域密着型の社会奉仕活動を更に推進することができれば幸いだと思っております。つきましては、会員の皆様には、種々お知恵をお出しいただくとともに、実践に向けてのご協力を宜しくお願い申し上げます。

国際奉仕委員長挨拶舛本 俊輔

舛本 俊輔

この度、国際奉仕委員長を拝命致しました舛本でございます。入会3年目の大抜擢に大変な驚きと喜びを感じております。しかし、一度お引き受けした以上、いつまでも新人とは思わず、皆様のお役に立てるよう精進してまいりたいと考えております。国際奉仕は樹木で例えると「花」であると言われております。その一方で、「最も縁遠い奉仕活動」という認識も根強いようです。会員全員でこの営みを共に学び、楽しみ、貢献出来る環境を創造してまいりたいと考えております。若輩者で何かとご迷惑をおかけするやもしれませんが、ご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

青少年奉仕委員長挨拶入澤 昭彦

入澤 昭彦

今年度、佐藤正樹会長のもと青少年奉仕委員長の拝命を受けました。自分自身これを良い機会と捉え、前向きに青少年奉仕活動に努めたいと考えております。次世代を担う青少年の育成は大変重要な課題です。社会奉仕委員会とともに「オレンジボール」や「ライオンハートの子供食堂」に協力していきたいと考えております。会員皆様の全員のご協力をよろしくお願いします。